HOME > 薬学からのメッセージ

薬学からのメッセージ

執筆者 中村一基 のメッセージ一覧

身近な薬の話題

サリドマイドの復活!!
2009.04.17

サリドマイドと言えば、薬害を連想される方がほとんどだと思います。その通りです。妊婦さんが、辛いつわりや不眠の改善のために服用した睡眠薬ですが、その強力な催奇形性(胎児の体形に異常を誘発する性質)により…

続きを読む

身近な薬の話題

効き目が持続的で、副作用の軽減された気管支喘息治療薬の登場!
2009.02.09

気道は、鼻腔・口腔・喉頭・気管・気管支・肺胞から成り立ち、我々が吸い込んだ空気の通り道です。気管支喘息とは、免疫グロブリンE抗体の関与するI型アレルギー疾患であり、従来は、咳や呼吸困難を誘発する気管支…

続きを読む

身近な薬の話題

内分泌異常を起こしにくい抗アルドステロン薬の登場!
2008.11.21

原発性アルドステロン症のように副腎皮質ホルモンであるアルドステロンが過剰に分泌されますと高血圧を引き起こします。アルドステロンには尿細管からの Na イオンの再吸収を促進して、Na 貯留を導くとともに…

続きを読む

身近な薬の話題

消化管吸収されない抗生剤の使い道って何だろう?
2008.07.24

病院内で主に医療従事者を媒体として、ある患者から別の患者に感染症が広がることを院内感染と言い、これまでに多くの犠牲者を生み出しています。その中でもメチシリン耐性黄色ブドウ球菌によるものは、MRSA 感…

続きを読む

身近な薬の話題

生体の恒常性維持機構を利用したお薬の話
2008.06.28

我々の身体には、生まれながらにして恒常性維持機構と呼ばれる素晴らしいシステムが備え付けられています。例えば、血圧が下がった場合に元に戻そうとする循環反射がよく知られていますよね。今回は、その恒常性維持…

続きを読む

身近な薬の話題

なぜ、同じ効き目の薬を飲み合わせるのかしら?
2008.06.10

二つ以上の病気を抱えている場合に、二つ以上のお薬を飲み合わせるのは仕方ありませんし、理解も出来ますが、そうではなくて一つの病気に対して同じ効き目のお薬を二つ飲み合わせることがあります。もちろん効き目を…

続きを読む

身近な薬の話題

血管新生は「天使」と「悪魔」の二つの顔を持つ!?
2008.06.03

血管とは血液の流れる管です。既に存在している血管とは別に私たちの身体の中で新しく作られた血管を新生血管と呼び、新しい血管が作られることを血管新生と言います。私たちの日常生活の中でも、ケガをした時にはこ…

続きを読む

身近な薬の話題

遺伝子診断って本当に必要なの?
2008.05.19

結論から申しましょう。最近は、患者さんの治療にとって非常に有益な遺伝子診断技術が開発されています。 皆さんは、イレッサという商品名で多くの肺がん患者さんに使用されている抗がん剤ゲフィチニブをご存知でし…

続きを読む

身近な薬の話題

予想しなかった薬の効き目にびっくり!
2008.04.24

皆さん、リアップという商品名で販売されている発毛促進薬(いわゆる毛生え薬)をご存知でしょうか?一般名をミノキシジルと呼びますが、この頭皮への塗り薬は、もともとはアメリカにおいて血圧を下げる飲み薬として…

続きを読む


武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図