閉じる

研究室と教員

大川 恭子

MESSAGE

我々、薬剤師の社会的役割は、今、大きく変革の時を迎えています。
地域における医療・介護・福祉など様々な場面で、多職種と連携の下、主体的に専門性を発揮し、薬物療法・公衆衛生その他幅広い分野での活躍が期待されています。
医薬品等を通じて倫理観や使命感を持って、人の生命や健康維持・増進に寄与し、社会に貢献できる「薬剤師」という仕事は、素晴らしいと思います。
女子総合大学という恵まれた環境の中で医療人としての優しさを育み、共に、新しい時代の薬剤師を目指して頑張りましょう。

専門分野
臨床薬学・医療薬学・社会薬学
最終学歴
武庫川女子大学薬学部 大学院博士後期課程
学位
薬科学修士
所属学会
日本医療薬学会、日本災害医学会、日本骨粗鬆症学会、日本災害医療薬剤師学会
出身高校
武庫川女子大学附属高等学校
その他
兵庫県神戸市において薬局を開局(1990開局~現在に至る)
実務家教員
研究テーマ
①医薬品の製剤等に関わるユニバーサルデザインの研究と臨床応用
②災害時医療における薬剤師の関わり
③地域包括ケアシステムにおける薬局・薬剤師の役割
担当科目
ヒューマニズム論Ⅰ、薬剤師の生涯教育、処方解析学演習、薬剤師のリスクマネジメント、地域医療における薬剤師、臨床薬学基本実習Ⅰ・Ⅱ、早期体験学習Ⅰ
所属研究室
臨床薬学教育センター