閉じる

研究室と教員

臨床薬学教育センター

教授
辻本 勉
教授
桒原 晶子
教授
大川 恭子
教授
濱 宏仁
教授
田内 義彦
助手
井上 智咲
助手
田崎 眞生

臨床薬学教育センターの教員は、薬剤師として病院または薬局での勤務経験者であり、臨床現場で業務を行いながら、
日常業務の中での問題点解決策の検討や薬物治療の適正化・最適化を視野に入れた臨床薬学的研究にも従事してきました。
臨床薬学教育センターでは、薬物治療における有効性・安全性に関するエビデンス構築を目指した研究を行い、
科学的マインドをもった臨床薬剤師の育成を行っています。
医療の安全性確保に貢献し、質の高い薬物療法へ参画するための実践的・臨床薬学的研究として、以下のテーマの研究を行っています。

1.医薬品の適正使用に関する研究 
 医療現場と密に情報交換を行い、医薬品の使用に関する問題点を検討・解決し、
それらの情報をフィードバックすることにより、医薬品の適正使用に貢献します。

2.がん治療にかかわる臨床薬学的研究 
 有効な抗がん剤併用法の模索、安全かつ効率的な抗がん剤調製方法の検討、治療効果や副作用発現にみられる個人差の原因追究、
緩和医療に関する研究などを通して、がん治療の適正化に貢献します。

3.医療薬学の教育に関する研究 
 臨床準備教育(早期体験学習、臨床前教育)や病院・薬局実務実習の実施方法や評価、並びに教育効果などに関する研究を行います。