HOME > 最新情報 > 健康生命薬科学科・卒業論文発表会のお知らせ(2月22日)

最新情報

2012.02.03

健康生命薬科学科・卒業論文発表会のお知らせ(2月22日)

平成23年度健康生命薬科学科の卒業論文発表会を下記の日時で開催します。興味のある学生の皆さんは奮って参加してください。
 
【日 時】 平成24年2月22日(水)午前9時~
【場 所】 P3-25教室(口頭発表)、新館2階ノード(ポスター発表)

【演 題】
<口頭発表>
 ・低酸素環境における乳がん細胞の動態制御機構の解明とトランスポーターの役割
 ・血管新生抑制物質の探索
 ・microRNAが低分子量Gタンパク質Rhesの発現調節に与える影響について
 ・Taqman probe法によるA型インフルエンザウイルスの検出
 ・グァバ葉の肥満に対する効果とメカニズムの解明
 ・ゲフィチニブのCYP2Dを介した薬物間相互作用
 ・血液凝固阻害薬へパリン及び低分子ヘパリンによるがん転移抑制効果の検討
 ・食塩感受性ラットにおけるWNK4発現
 ・薬と健康フェア」における後発医薬品に関する認知度調査
 ・味覚センサを用いたベシケアOD錠粉砕時の苦味評価
 ・ストレス負荷細胞の遺伝子発現解析
 ・グァバ葉の肥満に対する効果とメカニズムの解明
 ・IGF-1以降のシグナルトランスダクションに関わる遺伝子群の発現調節に関する研究

<ポスター発表>  
 ・食物の嗜好とBMIの関係
 ・腎臓がん細胞におけるソラフェニブ長期曝露の影響
 ・CYP2D6の遺伝型と抗ヒスタミン薬の副作用との相関性
 ・プロポリス成分の脂肪細胞に対する抗炎症効果について
 ・アスコルビン酸とエリソルビン酸のマウスリンパ腫細胞に対する細胞障害作用とNK/LAK活性について
 ・ビタミンA受容体の分子進化についての検討
 ・天然および人工高分子を用いる分子認識:ルチンに対する分子インプリントポリマーの調製と応用
 ・ビタミンA受容体の分子進化についての検討
 ・皮膚のトラブルを解決する新しい化粧品の提案
 ・生活習慣病関連プロテオーム解析
 ・ユーグレナにおけるチアミン・チアゾール部の生合成経路の研究
 ・骨芽細胞分化に対する細胞凍結保護剤の影響に関する研究
 ・桑成分の食後高血糖抑制作用に関する検討
 ・プロポリス成分の脂肪細胞に対する抗炎症効果について

最新情報一覧に戻る


最新情報

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図