閉じる

研究室と教員

來海 徹太郎

MESSAGE

受験生の皆さんへ:皆さんにとっては耳の痛い話かもしれませんが、年々学生さんの基礎学力(特に有機化学)が下がってきているといわれます。実際、化学の科目を担当していると、よりはっきりと感じます。薬剤師を目指す人、研究者を目指す人、どちらも化学(有機化学)は苦手科目であってはなりません。是非得意科目にしてください。努力するしかありません。

在学生の皆さんへ:大学は皆さんにとってゴールではありません。自分自身を高める場所です。大学は自ら問題を見つけ、自ら解決する場所です。そのために自ら勉強して知識を獲得する場所です。日頃から物事に対する問題意識をもって過ごしてください。決してアルバイトにふける場所ではありません。

専門分野
有機合成化学
最終学歴
京都大学大学院薬学研究科
学位
博士(薬学)
所属学会
日本薬学会、有機合成化学協会
出身高校
大阪府立四条畷高等学校
研究テーマ
1. 新規な抗癌剤の開発
2. 新しい触媒的不斉合成法の開発と確立
担当科目
有機構造解析学、薬学化学 II 、応用有機化学 II 、生物有機化学、基礎薬学演習 I 、基礎薬学演習 II 、有機化合物をつくる(実験)
所属研究室
薬化学 II 研究室