閉じる

研究室と教員

野坂 和人

MESSAGE

薬剤師、薬学研究者は莫大な情報から知識を選別する能力、それに基づいて問題を解決する能力、さらには他人に分かりやすく説明する能力が求められます。そのために大学時代は、講義の要点を常に意識し、実習や実験では結果にいたる過程を考察するように心がけて下さい。研究室配属では課題を見いだす能力や情報を発信する能力も訓練しましょう。もし壁にぶつかったときは、将来なりたい自分の姿を思い浮かべて下さい。明日からまた頑張ることができて、きっと乗り切れます。最後に、せっかく薬学部に在籍しているのですから一緒に研究を楽しみませんか?

専門分野
代謝生化学
最終学歴
岐阜薬科大学薬学部製造薬学科卒業
学位
医学博士
所属学会
日本ビタミン学会、日本薬学会、日本生化学会、日本分子生物学会
出身高校
大阪教育大学附属高等学校池田校舎
その他
京都府立医科大学附属病院薬剤部技師(1980-1989)、京都府立医科大学生化学教室研究生および助手(1982-1997)、同化学教室講師および准教授(1998-2009)、兵庫医科大学化学主任教授(2010-2014)等を経て2014年9月本学薬学部教授に赴任。
1996年 日本ビタミン学会奨励賞受賞
日本ビタミン学会代議員、ビタミンB研究委員会委員、日本ビタミン学会誌「ビタミン」編集委員及びトピックス担当委員
研究テーマ
ビタミンB1代謝関連酵素および膜輸送の分子機構に関する研究
担当科目
分子生物学、応用生化学II、病原微生物学、人と環境への影響と細菌を調べる(実習)、予防薬学実験(実習)等
所属研究室
微生物代謝学研究室(生化学 II )