閉じる

研究室と教員

稲本 浄文

MESSAGE

パラジウムやルテニウムなどの遷移金属を触媒として用いて、これまでにない新しい反応を見つける研究を行っています。またそのような触媒反応を利用した、医薬品や生理活性化合物中に広範に存在する「複素環化合物」の合成を、特に重要な研究課題として設定しています。いっしょに新反応開発を行いたい方、あるいは興味のある方はいつでもお越しください。

専門分野
有機合成化学
最終学歴
東北大学大学院薬学研究科
学位
博士(薬学)
所属学会
日本薬学会、有機合成化学協会、日本化学会
出身高校
秋田県立秋田高等学校
その他
H.14.8 東北大学大学院薬学研究科 中退
H.14.8 東北大学大学院薬学研究科 助手
H.18.4~H.19.1 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
H.19.4 東北大学大学院薬学研究科 助教
H.26.4 現職

H.19 日本薬学会東北支部奨励賞
H.23 有機合成化学協会 アステラス製薬研究企画賞
H.25 有機合成化学協会 中外製薬研究企画賞
H.25 インテリジェント・コスモス奨励賞
H.25 日本薬学会奨励賞
研究テーマ
触媒的高効率分子変換反応の開発
担当科目
有機合成化学,有機化合物の骨格と性質 II
所属研究室
薬化学 II 研究室