HOME > キャンパスライフ > 中国中央電視台CCTVが、東洋医薬学研究室を取材しました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2018.12.10

中国中央電視台CCTVが、東洋医薬学研究室を取材しました。

11月1日、浜甲子園キャンパスに、中国中央電視台CCTVの取材クルー7名が取材のために東洋医薬学研究室を訪問しました。

番組は、中国の番組として、中国国内向けに本学の漢方薬研究の取り組みなどを紹介するために取材が行われました。

今回の取材は、日本の生薬の利用や研究の発展や特徴、特に「漢方薬」の基礎研究・共同研究の実情などを紹介するのが主な目的です。主な取材先である東洋医薬学研究室の高明先生は、日本で20年間にわたり研究に携わってこられました。この経験を踏まえ、生薬や中医学に対する見解について取材が行われました。

実際では、東洋医薬研究室で高教授がインタビュー取材に応え、本学での研究内容や学生の漢方医学への興味、大学における漢方医学の教育状況、日本での漢方薬の研究開発状況について、取材クルーに語りかけました。

高先生からは、「漢方研究について、中国は面の広い研究が行われていますが、日本では特定の分野について重点的に深い研究がおこなわれています。この20年、日本国内での漢方医薬学に対する認知度や評価は変化しました。医薬学会でも漢方医薬学術団体がかなり増えています。また、テレビや講演会などで一般にも漢方の知識が普及しています」と、取材に答えていました。

この後、研究室の実験風景や薬用植物園を取材・撮影しました。その後、上甲子園キャンパスで甲子園会館の撮影が行われました。

これらの映像は、2019年の夏のゴールデンタイムに中国語で「中医·与世界同行」(日本語訳「世界に羽ばたく中医学」)と題して、中国CCTVのチャンネルCCTV-4とネットチャンネルCNTVで放映される予定です。

【薬学部広報委員】
CCTVから取材を受ける高先生(1)
CCTVから取材を受ける高先生(2)
インタビュアーとの質疑応答の様子

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図