HOME > キャンパスライフ > 第63回の文化祭が開催されました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2018.10.24

第63回の文化祭が開催されました。

学友会・文化祭実行委員会主催による、「武庫川女子大学第63回文化祭」が、10月19~21日と3日間にわたり、武庫川女子大学中央キャンパス(こちら)を主会場として開催されました。

今年は「一切合祭 ~その瞬間に華ひらく!感動の向こう側へ!~」をテーマに開幕し、模擬店、舞台、展示会、講演会、ライブなどさまざまな催しが行われました。連日天候にも恵まれ、薬学部の学生、OG、教職員も多数参加し、さらに家族や学外の友達、近隣の方など、大勢の人で賑わっていました。

模擬店は、クラスの仲間やサークル・同好会・クラブの仲間が集まり、たくさんの出店がありました。
薬学部からは薬学科1年C組とD組、さらにyaku*躍*net (武庫川女子大学薬学部学生ネットワーク)からの出店があり、ここのクレープはすぐ売り切れになるほどの大盛況でした!

他の学科ではフランクフルト、スイーツ、ギョーザ、ドリンクなど、様々な模擬店が開かれました。仲間同士でユニフォームを揃え、みんな忙しいながらも楽しそうにお店を切り盛りしたり、元気な声で呼び込みを行っていたりしたのが印象的でした。薬学部の学生にも大学生活の良き思い出の一つになったのではないかと思います。

また舞台や展示会では、体育系並び文化系のサークル・同好会・クラブでの練習や活動の成果を発表しました。チアリーディング、ファッションショー、エアロビックダンス、筝曲部、演劇部、コーラス部、書道部、吹奏楽部など様々な活動が披露されました。西日本豪雨での被災地を支援するチャリティーバザーも開かれました。さらに本学のOGからなる鳴松会の催し物では、今年も薬学部から多くのOGや教職員の方々が運営に携わり、大変盛況でした。今年はゲノム機能解析研究室も展示会に参加しており、パッチテストからアルコール体質を判定したり、遺伝子についての講習会や研究成果を発表していました。

他にも、おぐねぇーこと小椋ケンイチさんの「メイクアップ講演」や「お笑いライブ2018 ~平成最後の大笑い!~」(出演:矢野・兵動、スーパーマラドーナ、かまいたち、タナからイケダ、祇園)、沢山のバンドによるライブ、他各種講演会も行われました。今年は本学薬学部教授の木下 健司先生による「アルコール体質チェックと飲酒の功罪」の講演会も行われました。

記念すべき第63回目の文化祭も、盛りだくさんの内容で盛況のうちに終了することが出来ました。参加者のみなさまもご満足いただけたのではないでしょうか。
来年度の文化祭も今から楽しみです!

【薬学部広報委員】

yaku*躍*netのクレープは大盛況でした!!
薬学科1年D組はソーダを提供していました♪
ゲノム機能解析研究室によるアルコールパッチテストが行われていました!
本学薬学部教授の木下 健司先生による講演も好評でした!
鳴松会(武庫川学院同窓会)の皆様は抹茶とお菓子を販売しておりました!
ワークショップでは、プリザーブドフラワーの講習・販売が行われていました!
兵庫県警の方々もご参加下さり、白バイにまたがって記念撮影!!
武庫女が積極的に推進しているブラウンライス活動!

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図