HOME > キャンパスライフ > 中国の北京中医薬大学に研修旅行に行ってきました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2018.09.26

中国の北京中医薬大学に研修旅行に行ってきました。

8月31日から9月4日の4泊5日の予定で、中国の北京中医薬大学へ研修旅行にいってきました。

関西国際空港から出発し、空路、北京へ向かいました。
北京空港に到着後は、北京中医薬大学の担当者の皆さんの温かいお迎えを受けました。入国後は、早速、「国医堂」と「附属病院」の薬剤部を見学しました。国医堂では、中医学診療の現場を見学し、中国と日本の治療方法の違いを沢山教えていただきました。参加者達は、薬剤部の見学では、種類の豊富さに驚いた様子きました。
到着日の夕食は、北京中医薬大学の先生や生徒たちも交えて本場の北京ダックに舌鼓を打ちました。

二日目の午前中は、北京中医薬大学附属東方病院に行き、漢方医学講座を受講しました。さらに、中医薬伝統の養生について詳しく教えていただきました。
午後からは新たに建設された広大な良郷キャンパスの見学に行きました。新キャンパスでは、バーチャルリアリティー(VR)を利用した最新設備による漢方薬の探索機器などの説明を受けました。また、実際に学生が利用している教室等の見学をしました。模擬練習ができる施設や場所が多く、最新設備に学生たちもとても驚いた様子でした。

三日目、四日目は、北京市内を観光しました。「天安門広場」や世界遺産の「故宮博物院」、「天壇公園」、「頤和園」さらに、「万里の長城」など、歴史的に有名な世界遺産となっている名所を見学しました。北京中医薬大学の先生の模範演技により、風光明媚な頤和園で気功の一種である「八段錦」を学ぶことができました。基本的な8つの動作を教わった学生たちからは、「体が軽くなった」「暖かくなった」など声が上がっていました。

五日目の午前中は、北京中医薬大学の博物館を見学しました。日本では見ることのできないような、動物由来や植物由来の非常に多種・多様な生薬について学びました。さらに、これらを用いる中医学の歴史について学びました。

その後の終了式では北京中医薬大学の先生から一人ずつ手渡しで研修修了書をいただきました。

午後からは帰国のため空港に向かう予定でしたが、台風の影響で帰国できないため予定を変更し、街中での買い物や留学生との交流を楽しみました。

学生たちは連絡先を交換したり、一緒に写真を撮ったりなど交流を楽しんでいました。

今回の研修旅行では、2回目の中国研修旅行の参加学生もいたり、例年と異なりハプニングにより大冒険になりましたが、充実したうちに無事終了することができました。お世話になった北京中医薬大学の先生方・学生さん、ありがとうございました。 

【文責 国際交流委員】
北京空港では温かい歓迎を受けました。
北京中医薬大学附属病院薬剤部を見学ししました
頤和園では、気功の実演技で学びました
研修修了書授与式を行った大学附属博物館

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図