HOME > キャンパスライフ > 平成30年度丹嶺宿泊研修が、丹嶺学苑研修センターにおいて実施されました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2018.06.27

平成30年度丹嶺宿泊研修が、丹嶺学苑研修センターにおいて実施されました。

平成30年度丹嶺宿泊研修は、5月25日から1泊2日の日程で、丹嶺学苑研修センター(神戸市北区、北摂キャンパス)において実施されました。

今年度も、1年生のトレーニングプログラムと3年生のシニアプログラムを、同日程で合同実施しました。

午前10時25分、到着した1年生は入苑式後、昼食を済ませてアイスブレークで緊張をほぐしました。チームメートを知り、続くプログラムである「コンセンサスゲーム」に臨みました。また、多忙な校務の合間を縫ってご参加くださった中林学科長先生から、ここ数年の健康生命薬科学科の卒業生の進路、就職状況についての貴重なお話しを伺いました。夕食は、野外クッキングでハヤシライス。慣れないながらもみんなで協力しながら作ったハヤシライスはおいしかったに違いありません。

夕食後はエントランスホールで恒例の1年生3年生合同のフリートークタイム。エントランスホールをいっぱい使って大きな円陣を組んだためか、緊張のためか、最初はおとなしかった1年生も、3年生の先輩達のリードですぐに打ち解け、いつの間にか少人数の人の輪がたくさん出来上がり、差し入れのドーナツを片手に中身の濃いトークで盛り上がっていました。

2日目は、1年生は、篠塚学部長、幹事教授の森山先生から、これから健康生命薬科学科でいかに学び、いかに成長すべきか、について大変有用なお話しを伺いました。

一方、3年生は、薬学部事務室就職担当のキャリア専門委員の門田しのぶ氏を講師としてお招きして、就職ガイダンスを受講しました。これまで漠然としていた自分自身の将来を、少しずつでも形作るためのとても良い機会になったようです。非常に熱心に、そして真剣に門田先生の言葉に聞き入っていました。これまでの学生生活で不安に思っていたこと、悩んでいた進路のことなどを担任や担当の先生方に打ち明けて、じっくりと相談することもできた様子でした。

1年生、3年生ともに、非常に密度の濃い2日間を終え、1年生はクラスメートをより深く知ることができ、さらには3年生との新たなつながりもできました。3年生は自身の進路について漠然とした夢やあこがれから少し現実味を帯びたものへと進めることができた様です。丹嶺学苑指導員およびトレーナーの方々にはお世話になりました。厚く御礼申し上げます。

【健康生命薬科学科担任】
大康1年生 アイスブレークタイム。 先ずは自己PR
1,3年フリートーク。でも最初は距離感があってぎこちない
ドーナツを片手に話が弾んで距離も近くなって、盛り上がってます。
野外クッキング。火おこしに挑戦。難なくクリア。
ハヤシライス完成。おいしくできましたよ。自画自賛。

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図