HOME > キャンパスライフ > 大学院の学位記授与式、修了証書授与式が行われました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2018.03.21

大学院の学位記授与式、修了証書授与式が行われました。

 平成29年度の大学院の授与式が3月21日(水曜日・祝日)に中央キャンパスと浜甲子園キャンパスで行われました。

 中央キャンパスのマルチメディア館にて全研究科の式典が行われました。開式の言葉につづき、博士課程修了者は一人一人氏名を呼ばれ、学位記(博士)を学長より手渡されました。それに続き、全学科毎に修士課程修了者の氏名の点呼が行われ、修了証書(修士)が各科の代表者に手渡されました。
 そして糸魚川学長より学長式辞として「一度、公(public)にした作品や論文は、演奏者や研究者の恣意で変更が利かないものになり、それにより評価を受けることになります。やり直しの利かない行為に対して常に真摯な態度で臨んで欲しい」と激励の言葉を頂きました。そのあと、文学研究科長の玉井 暲先生より「今日は、プロフェッショナルの研究者に仲間入りされました。到達点ではありますが、終着点ではありません。今日が出発点として更に研鑽を積んで下さい」と祝辞を頂きました。
 修了生総代謝辞では、薬科学修士課程の中野梨乃さんが、「大学院では得がたい経験を積むことが叶いました。この経験は、今後の人生の中で新たなる道を切り開く時には多いに役立つことでしょう」とこれまでの研究指導に感謝の言葉を述べました。

 中央キャンパスでの修了式終了後、浜甲子園キャンパスに移動し、薬学教育研究棟において薬学部大学院の学位授与式が行われました。薬学研究科長の篠塚先生より、修了生の方々へ一人ずつ学位記が授与されました。

 その後、篠塚先生より「皆さんの成果は、研究室の後輩だけでなく、論文として世界に発信されて他の研究者の更なるデータの礎となるでしょう。サイエンスをベースとした研究は、非常に客観的な視点から物事を見て得られるものです。これまでの研究を通して皆さんにはそのような視点が身についたと思います。社会人になっても、状況を客観的にとらえ、必要なものや大切なことを見極めることができるでしょう。これからのご活躍をお祈りしています。」と、お祝いの言葉が修了生に贈られました。

 今年度は、博士3名(課程1および論文2名)、修士課程11名(一般8および社会人3名)に学位記が授与されました。

 浜甲子園キャンパスにおける薬学研究科の修了式後は、研究室の教員や後輩が集まり、祝福の花束を受け取る姿が見受けられました。また、大学院での研究を共に頑張った仲間たちとも最後の時間ということもあり、一緒の時間を名残惜しみつつ歓談する様子も印象的でした。

 博士、修士の学位を授与された皆様、誠におめでとうございます。
 今後、それぞれの道で更なる飛躍とご活躍をお祈り致します。

【薬学部広報委員】
学位記を授与され、篠塚薬学研究科長とかたい握手を交わしました。
2年間の修士課程を終え、修了証を授与されました。
篠塚薬学研究科長からお祝いの言葉を頂きました。
指導教員とともに記念撮影です。

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図