HOME > キャンパスライフ > 西宮市薬剤師会と薬学部がコラボで「薬と健康フェア」を開催しました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2017.11.05

西宮市薬剤師会と薬学部がコラボで「薬と健康フェア」を開催しました。

西宮市薬剤師会と武庫川女子大学薬学部は、平成29年10月29日(日曜日)13:00~16:00の間、コラボにより「薬と健康フェア」を、阪急の西宮北口近くのアクタ東館6階の西宮市大学交流センターのフロアで開催しました。

当日は、今年一番の台風が近畿地区を通過するなどの悪条件が重なりましたが、午後1時になると台風の雨足も収まり、それ以後は熱心な聴講生や市民が来場しました。

冒頭、西宮市薬剤師会の理事で薬剤師の中川先生より開会のアナウンスがありました。その後、開会の挨拶が西宮市薬剤師会会長の鄭先生よりありました(写真)。

主会場では、午後1時~2時過ぎまで、中村一基・武庫川女子大学薬学部教授から「腸の話を中心に 便秘の改」と題して講演会が行われました。日頃、多くの方が利用している便秘薬について、「何を」、「いつ頃」用いて、「どのような効果」を期待するのかなど、薬理学や医学的な側面も含め、多面的な便秘薬の見方についてスライドを用いて解説がありました(写真)。

会場には、聴講に訪れた地域の方々の熱心に聞き入いる姿がありました。そして、講演会終了後、会場からは待ちかねたように質問や意見が寄せられました。

午後1時~午後4時まで、西宮市薬剤師会のベテラン薬剤師による「キッズファーマシー」、「君の学校にもいるよ -学校薬剤師-」、「ママサポート相談会 ―子供のためのお薬相談会―」が併催されました。会場には、親子連れの参加が数多くありました。また日頃、利用いているお薬手帳を持参し、引きも切らず相談している姿が印象的でした。

隣接した会場では、「お薬なんでも相談会 ―聞いてみよう薬のプロに―」と題して、薬の飲み方、利用の仕方について相談風景は見受けられました。また、血圧測定や骨格筋量や体脂肪量など体組成計による測定が行われ、西宮市薬剤師会の薬剤師の先生方から指導を受ける姿も見られました。

武庫川女子大学薬学部と西宮市薬剤師会は、今後とも、今回のような相談会や健康講演会、薬の相談会を定期的に開催していく予定です。次回は平成30年1月13日に武庫川女子大学薬学部で開催です。次回も、多くの方に参加して頂き、健康管理のために利用して頂きたいと思います。


【西宮市薬剤師会、武庫川女子大学薬学部】

会場に聴講する市民が参加しました
鄭会長からのご挨拶
中村一基教授のご講演
スライド使用した講演が行われました
会場でたくさんのイベントが開催されました
キッズファーマシーの様子

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図