HOME > キャンパスライフ > インターンシップを学内で行いました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2017.02.14

インターンシップを学内で行いました。

薬学部では、自分にマッチングする仕事内容や、就職先を見つけるために、業界研究や企業研究をしっかり行うことを奨励しています。そのため、様々な企業の担当者を薬学部にお迎えして、企業や業態を知るためのセミナーを開催しています。

今回は、日本の代表的なCROの担当者をお招きしてインターンシップを学内で行いました。今回の講演の講師はCRO大手のイーピーエス(EPS)の上田様でした。

先ず、『治験※』とは何か、CRO※とSMO※の違いは? CRO業界にはどのような人物が求められているのか、CROにはどんな職種(担当)があるのか、薬学生の知識は役に立つのか、その他、具体的な職務の内容などについて説明がありました。

次いで、インターンシップとして、ワークを通じて具体的な業務を体験しました(ワークの様子。皆さん、真剣に取り組んでいます)。インターンシップでは、実際の患者さんの症例やケースに基づき、どのような職務を行いクライエント(顧客となる製薬企業)のミッションを果たしていくのか先ずは体験し、その後で分かり易く解説して頂きました。

本学の卒業生が、いかにして臨床現場において新薬をいち早く病める患者さんのもとに届けることが出来るのか、そのスピード感ややり甲斐に裏打ちされた業務の一端が理解されたようです。

薬学部では、今回のセミナーのように、いち早く薬系の業界を知るために、人気企業様を本キャンパスにお招きするスペシャルセミナーを、企業へのファーストアプローチとして今後も続けて行きます。

※治験:医薬品となりうる新規候補を、実際の臨床現場で使用し、効果と副作用について調査するものです(臨床開発)。
※CRO:Contract Research Organizationの略で、製薬会社が医薬品開発の為に行う治験を受託・代行する企業のこと。開発業務受託機関と表記される。
※SMO:Site Management Organizationの略で、治験施設支援機関と表記されることが多い。SMOは、医療機関と契約して、治験が実施できるように医療機関において治験業務を支援する機関。

【薬学部広報委員】
CROから講師をお招きしました。
インターンシップに取り組んでいます。
カルテ記載を読みこんでいます。
皆さん真剣です。
講師との気軽な遣り取りも魅力です。

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図