HOME > キャンパスライフ > 健康生命薬科学科5期生による卒業論文発表会が公開で開催されました。

キャンパスライフ

多くの仲間と過ごす充実の時間。
薬学部には笑顔あふれる学生生活があります。

2014.02.17

健康生命薬科学科5期生による卒業論文発表会が公開で開催されました。

2月14日(金)の午前10時から健康生命薬科学科5期生による卒業研究成果の公開発表会が開催されました。今年度は、口頭発表が10演題、ポスター発表が18演題でした。教員、大学院生、学部生を中心に、多くの方が発表を聴くために集まりました。

発表会は、篠塚健康生命薬科学科長からの「この発表が健康生命薬科学科最後の課題ということになります。限られた時間のなかに4年間に勉強してきたこと経験してきたこと、培ってきたことを全て投球してください。」と言う挨拶で始まり、発表者はパワーポイントによるスライドを使って、順次、研究成果を発表しました。発表した学生は、多くの聴講者の前で動じることなく、決められた時間内で研究成果を発表しました。発表後には会場から多くの質問が投げかけられましたが、一生懸命、丁寧に応答していました。そして、発表終了時には温かい拍手が送られました。

午後からは、ポスター発表が行われました。横1.1 m×高さ1.3 mのボードに張り付けられた研究成果をまとめたポスターを、多くの方が閲覧していました。いずれも研究成果が分かり易く伝わるように工夫されたポスターで、発表する学生の努力の跡がしっかりと伺えるものでした。また、1時間30分の質疑応答の時間は、白熱した議論により、あっという間に過ぎていきました。

今回の発表では、アレルギー性疾患、生活習慣病や癌などの病気が起こるメカニズム、更にはそれらの病気に対する天然物や、天然物から抽出した物質の薬効といった創薬に関わる基礎研究、医療現場で使用されている薬の相互作用や、剤形の影響といった臨床に関わる研究など、薬学部ならではの幅広い分野の研究結果が報告されました(発表演題はこちら)。

最後に、篠塚学科長から「去年と今年の自分を比べてみてください。発表はもちろん、質問のポイントを的確に捉え、答えることができ、非常にレベルが高くなりました。この経験を活かして次のステップアップへと導いてください。」と言う激励の言葉で締めくくられました。

スライドを用いた口頭発表
多くの人が熱心に聞き入ってます。
ポスター発表では、白熱した討論が行われました。
質疑応答にもしっかり応えました。
篠塚学科長からの激励の言葉をいただきました。
みなさん、お疲れ様でした!

キャンパスライフ一覧に戻る


  

キャンパスライフ

武庫川女子大学薬学部メニュー

SMARTPHONE SITE

オープンキャンパスの情報も掲載!

URLを送信

http://ph.mukogawa-u.ac.jp/sp/opencampus/

学校案内

武庫川女子大学薬学部

武庫川女子大学
薬学部

〒663-8179
西宮市甲子園九番町11-68
TEL:0798-45-9931

地図