薬用植物園だより

写真をクリックすると拡大表示されます。

2016年11月07日植物が眠りに入る寒い季節の到来です。

植物が眠りに入る寒い季節の到来です。

日に日に寒くなり、だんだん花が少なくなってきましたが、フジバカマ、ソバエビスグサの花はまだたくさん咲いています。
ワタの実やトウガラシの赤い実も見ることができますよ。
写真はフォワフォワの綿の実です。

フジバカマ

フジバカマ
Eupatorium japonicum Thunb./キク科

名前 フジバカマ
学名/科名 Eupatorium japonicum Thunb./キク科
生薬名 蘭草<ランソウ>
薬用部位 全草
薬効 水製エキスに血糖降下作用、利尿作用。糖尿病、浮腫、月経不順などに用いられる。
産地 原産は中国

この植物の詳細

ワタ

ワタ
Gossypium herbaceum L.

名前 ワタ
学名/科名 Gossypium herbaceum L.
生薬名 メンジツシ(綿実子)
薬用部位 種子(綿実)
薬効 催乳
産地 東アジア

この植物の詳細

ヒキオコシ

ヒキオコシ
Rabdosia japonica

名前 ヒキオコシ
学名/科名 Rabdosia japonica
生薬名 エンメイソウ(延命草)
薬用部位 全草
薬効 健胃・抗がん
産地 日本

この植物の詳細

シャクチリソバ

シャクチリソバ
Fagopyrum cymosum

名前 シャクチリソバ
学名/科名 Fagopyrum cymosum
生薬名 シャクチリ(赤地利)
薬用部位 地上部、根茎、根
薬効 高血圧・止瀉・鎮咽
産地 中国、インド

この植物の詳細